保育園紹介INTRODUCTION

HOME> 保育園紹介> 尻手すきっぷ保育園> 尻手すきっぷ保育園 園ブログ

尻手すきっぷ保育園 BLOG

2022年6月24日

☆6月 幼児☆

今年度初めての幼児クラスブログを掲載致します♪

進級して早3ヶ月が経ちました。
あっという間ですね♪
進級したばかりの時は進級前のクラスが呼ばれると反応してしまい、「あっ」と頬を赤らめていた子ども達でしたが、今では進級後のクラスを呼ばれ、堂々と活動に取り組んでいます✨

今月は『すきっぷ畑』のお話をしたいと思います📕

先日、3月に植えていたじゃがいもを収穫しました。
じゃがいもは種芋を植えるところから始めましたよ。
種芋の芽が上にくるものを「優しいじゃがいも」
芽が下にくるものを「強いじゃがいも」と名づけて育てていきました。
(芽を下にすると生命力の強い芽しか地上に現れないとのことで名付けました)

くま・ぞう組さんは1人2個持ち、自分で優しいのか強いのかどちらを育てたいのかを選んで植えていきましたよ。中には検証するために一つずつ向きを変えて植えるお友達も❤️

結果はなぜか育ちにくいはずの『強いじゃがいも』の方がたくさん芽を出していました🌱
子ども達が愛情を込めて水やりをしてくれたからかな?

ぱんだ組さんは園庭のプランターに一人一つ植えました🌱
しかし畑の手伝いもしてくれて、3クラスで町のはらっぱに散歩に行った時は雑草とりもしてくれました♪

今年度は水やりだけでなく、雑草取りを積極的に行ってくれましたよ♪
「10個取ったらおしまいでいいよ」と言うと
「まだたくさんのこってるよ」
「じゃがいもの近くに生えてるやつ取んないと栄養取られちゃうもんね」など、
すっかり小さな農家さんです🍎




「これとっていいの?」
「これが雑草だよ」


「大きくなったね〜」
「むらさきのお花がさくんだよね♡」

雑草を取っている時も
「ポテトチップス楽しみだなぁ〜❤️」と、
収穫後のクッキングを楽しみにしている様子🎶

ついにじゃがいもの収穫の日!!
ぱんだ組さんの中には手が汚れることを全く気にせずにたくさん掘り返してくれたり、
中には手が汚れてしまうことが苦手なお友達もいましたが、スコップなどを使って掘って収穫してくれました😋











くま・ぞう組も天気に恵まれ、気持ちの良い日差しを感じながら収穫しました♪
何と収穫の日には畑を昨年度から手伝って下さっている地域の小松さんも来てくださり、一緒にじゃがいも掘りをしました。











結果は127個も取れましたよ💖

ポテトチップスを何味にするのか子ども達はたくさん意見を出してくれました。
チョコ、うす塩、コンソメ、のり…

さあレッツクッキング!!

ぱんだ・くま組さんはじゃがいもを洗ってからスポンジで擦って皮むきをしてくれましたよ。
新じゃがなのでスポンジでも皮が剥けるのですが…意外と力が必要な様子。
苦戦しながらも集中して楽しみながら行ってくれましたよ😄









ぞう組さんはスライサーでスライスしました。
スライスするじゃがいもに触れてしまうと指が怪我をしてしまうという話を真剣に聞き、約束事を守ってスライスしました。
真剣な表情、嬉しそうな表情、照れている表情…様々でしたが、美味しそうなポテトチップスになることを想像してみんなの表情がピカピカしています♪







完成〜⭐️



小松さんから頂いた紫色のじゃがいもも一緒に揚げてもらい、カラフルなとても美味しそうなポテトチップスになりました🍴
美味しくて美味しくて何度もおかわりをしている子どもたちなのでした😋💖















次は6月17日に行ったさつまいもの苗植えについてです。

さつまいもの苗植えはくま・ぞう組さんには2度目の経験ですね。
今年度のさつまいもは昨年度とは異なり、『種子島紫(たねがしまむらさき)』という種類です。
実がなると、皮がおうど色で、中身が紫色になるそうです。珍しい種類ですよね。
子ども達はどんな反応をするのかな?と考えながらお話をすると
子ども達も話を聞いて驚いた様子を見せながら、ぞう組さんはすぐに覚えて
「皮が長いもみたいで、中身がむらさきなんでしょ」と次の日聞いた時に話をしてくれました。

苗植え当日。
畑にマルチ(黒いビニール)をつけているので、なかなか穴の場所が掴めない様子でしたが、差した後、きちんと土をかけてあげていました。
初挑戦のぱんだ組さんも一生懸命植えてくれましたよ♪







「次はどんなおやつにしようかな〜?」
「スイートポテトでしょ?」
いつもは収穫した野菜は給食の献立の中に入ることが多いのですが、
今回はじゃがいもの時に美味しく頂いた経験があるからか、収穫後のおやつを楽しみにしている姿が見られました。

普段、何気なく食べている野菜がどうやって育つのか
大きく育つまでには様々な過程があること
また、それを調理してくれる人がいるということ
自分達で作ったものは格別おいしいこと、、、
3月からの栽培やクッキングなどの食育活動を通して
色々なことに子ども達は気付き、学べたのではないかと思います。

これからも水やり、雑草とりなどを通して栽培に関わり、
「食べることの喜び」や「慈しむ心」などを育てていきたいと思います💖
ページの先頭に戻るページの先頭に戻る