保育園紹介INTRODUCTION

HOME> 保育園紹介> 尻手すきっぷ保育園> 尻手すきっぷ保育園 園ブログ

尻手すきっぷ保育園 BLOG

2022年11月29日

☆ 11月 幼児 ☆

今回はさつまいも掘りの様子をお伝えしたいと思います!



6月にさつまいもの苗を植えました。最初の品種は『たねがしま むらさき(種子島紫)』です。

名前が長く、子どもたちが発言するのも難しそうでしたが、なんとすぐに覚えてしまった子ども達でした。種子島紫の特徴は皮が黄土色で中身が紫という何とも変わった品種だと聞くと子ども達もびっくり!!
収穫が楽しみでした…。しかし土に合わなかったのか根付かずに葉が枯れ、40本植えても2本しか生き残らず残念な結果に…😭

今度は昨年度大成功した『紅あずま』でリベンジです!!
今回は垂直植えをしたので、しっかりと土の中に挿すことが出来、今度はちゃんと根付くことができました✨

それから早4ヶ月が経ち…11月18日に待ちに待ったさつま芋掘りです!!

まずはぱんだ組さんから
自分で軍手をつけて…は、難しかったので先生に手伝ってもらいました。
準備は万端!いざ、芋掘りへ🍠🌱

掘り方を教えてもらいながら一生懸命掘り進めていくぱんだ組さん。
土の中からさつまいもが顔を覗かせると大興奮 👀✨
「せんせい、見て〜っ!!」「あったぁ!!」「おっきい!!!」とあちこちで歓声があがっていましたよ😄
「ここにもまだ隠れてるかもしれないよ」と声を掛けると
「どこどこ?」「ここにもあるの?!」と素直な反応が可愛らしかったです💕
時間が掛かりながらもせっせと掘り進め、保育士も驚くほど立派なさつまいもが取れました💪









※後日談
ぱんだ組さんが一番苦戦していたように感じましたが、実はぱんだ組さんの掘ったさつまいもが一番大きかったようです❤


次はくま組さんです。
去年のさつまいも堀りの経験を生かして自分でどんどん掘り進めていきます。
砂場で『宝探し🌟』遊びを楽しんだ経験をもとに、張り切って土を掘ると…
「お芋見えてきたよー!掘れた!!」「〇〇君見てよー!!」と嬉しそうな声が沢山聞こえ、
収穫の喜びをお友だちと一緒に味わっていました。
掘る途中で見つけた虫の幼虫にも大喜びしている子もいました。
土の中にはいろいろな発見がありますね!



大きなお芋の出現に、「どこから掘ろうかな?」と考えているお友だち😊


無事にたくさんのお芋が掘れました!!大満足です😊


おもしろい形でしょ😆




最後はぞう組さんです。
以前より楽しみにしていたことや去年の経験があるので何の説明もなくてもどんどん掘り進めていきます!ものすごいスピードで掘り進めていくので1本掘るのに時間が掛かりませんでした。
ぞう組さんになると力が強いからか、これぞ芋づる式!というように3つも4つも付いている状態で持ち上げる姿はとても逞しく見えました🤩💖





「ここにもあるかもしれない」
と、根っこがなくても感覚で掘り進め、芋を見つけた時は「やっぱりね!」というような誇らしい表情です♪



なぜか種子島紫だけは誰も掘らず…
それなら先生が彫っちゃお~と掘ろうとしましたが、中々掘り進められず、子どもたちに手伝ってもらっちゃいました❤
長芋みたいな色の小さな芋が二つだけ取れました!
本当に中身は紫色なのかな?と子どもたちと一緒に切ってみましたよ





「やっぱり紫だった!!!」
「いい匂いがするね」
「焼き芋の匂いだ」
と、嬉しそうな子どもたちでした♪


さつまいもの収穫までに水やりや雑草取り、ツル返しやツル取りなどたくさんお手伝いしてくれた子どもたち😁
一度失敗したことで食べ物は簡単にできるものではない、食べ物の大切さが学べたのではないかと思います⭐
食べ物が無限にあるのではなく、有限であるからこそ目の前の食べ物に誠実に向き合えるような子どもたちに育っていって欲しいと思います😃







来月は収穫したさつまいもでスイートポテトと焼き芋を行う予定です!!
楽しみですね♡






















 
ページの先頭に戻るページの先頭に戻る